安心の第三者鑑定 広島 中古車

安心の第三者鑑定

安心の第三者鑑定

Gooとは

Goo鑑定は、第三者機関の専門の鑑定師が車両状態の鑑定を行うサービスです。

※Goo鑑定ご利用時の注意※

  • Goo鑑定車は車両状態情報についての信頼性向上を目指すものであり、その内容について、Gooおよび (株) プロトコーポレーションが保証するものではありません。法定整備、保証等の購入条件につきましては販売店にご確認下さい。
  • Goo鑑定は保証サービスではございません。購入時は必ず現車をご確認下さい。
  • Goo鑑定の評価はあくまでも鑑定時の結果であり、将来的な機能を保証するものではありません。鑑定日、車両情報等の詳細は各販売店へお問い合わせ下さい。
  • Goo鑑定は車両状態を鑑定する物であり、グレード・装備等の車両情報は販売店からの申告に基づいた表記となります。
  • 購入時には必ず現車・鑑定書及びコンディションチェックシート (車両状態票) を取り扱い販売店にて確認をし納得の上ご購入をお願いします。
Goo鑑定のポイント1 第三者機関による鑑定

クルマの鑑定を行う第三者機関は、NPO法人 日本自動車鑑定協会。第三者の立場から、消費者の中古車に対する不安を取り除き、満足を提供していくための活動を行っている団体です。

<主な活動内容>

  • 消費者に向けた中古車の情報開示
  • 販売店に向けた品質鑑定の請負
  • 業界に向けた査定義務の確立と浸透
  • 査定に関する情報提供
鑑定 JAAA
Goo鑑定のポイント2 4つの鑑定ポイント

鑑定項目は外装、内装、機関、修復歴の4つ。プロの鑑定師がチェックし、それぞれの項目についてグレードを定めています。

外装
車体(車両外装評価)
★★★★★ 気になるようなキズやへこみがあった場合は綺麗に補修済みですが、小さなキズやヘコミが残っている場合もあります。
★★★★ 気になるキズやヘコミは補修済みですが、小さなキズやヘコミが残っています。
★★★ 気になるようなキズやヘコミがあります。
★★ 外観を気にしない方向けのお車です。
補修を必要とするお車です。
(1) Goo鑑定の品質鑑定は保証サービスではございません。
(2) 購入時には必ず現車をご確認下さい。
内装
内装(内装状態を表す評価)
★★★★★ 気になる汚れ等がない綺麗な室内を保っています。
★★★★ 気になる汚れ等が、部分的にあります。
★★★ 気になる汚れ等があります。
★★ 内装を気にしない方向けのお車です。
補修を必要とするお車です。
(1) Goo鑑定の品質鑑定は保証サービスではございません。
(2) 購入時には必ず現車をご確認下さい。
機関
機関(機関系の状態、不具合を表す評価)
正常 主要機関に不具合はありません。
要整備 手を加えた方が良い不具合があります。
※ 確認項目は次の7項目として、鑑定時点での明らかなる異常の有無を確認します。エンジン・トランスミッション・ドライブシャフトブーツ・ 排気(音)・エアーコンディショナー・パワーステアリング・パワーウィンドウ。
※ 機関系の鑑定は停止状態で実施できる範囲で判定を行っており、走行チェックを伴うものではありません。
(1) Goo鑑定の品質鑑定は保証サービスではございません。
(2) 購入時には必ず現車をご確認下さい。
(3) 整備・保証内容などの詳細を販売店へ必ずご確認下さい。
修復歴
修復歴
骨格部位に異常はありません。
有 軽度 骨格部位の先端付近、または後端付近に衝撃を受けた形跡があります。
有 中度 骨格部位に衝撃を受けた形跡があります。
有 重度 客室付近の骨格に衝撃を受けた形跡があります。
修復歴については、「無」のグレード以外、社団法人自動車公正取引業議会が定める基準にて「修復歴車扱い」となる車両です。 修復歴については 「中古車購入パーフェクトガイド」をご覧ください。
(1) Goo鑑定の品質鑑定は保証サービスではございません。
(2) 購入時には必ず現車をご確認下さい。
(3) 修復箇所、内容の詳細は販売店へ必ずご確認下さい。
Goo鑑定のポイント3 プロによる344項目の鑑定 1 外装
外装を斜めからチェック
外装を斜めからチェックし、キズや塗装の状態を確認します。板金修理がされている場合は、波や色ムラが無いかのチェックを行います。
キズの有無や塗装の状態
キズの有無や塗装の状態で評価の対象になる部分をコンディションチェックシートに記載します。
ボンネットの状態
ボンネットの状態を確認しています。斜めにして見やすい状態にし、交換や板金修理後、飛び石キズ等のチェックを行っています。
車体の下部
車体の下部は覗き込みながらチェックを行っています。
車体の下部
ホイールのキズや、タイヤの溝のチェックを行っています。
車体の下部
フロントガラスのチェックを行っています。飛び石によるキズ等を確認しています。
2 内装
ハンドル・ダッシュボード・メーター類
ハンドルやダッシュボード、メーター類のチェックを行います。この時に異臭等も確認を行います。
シート
シートのスレやタバコによるコゲ跡、穴等をチェックします。内装全体を見て、状態のチェックを行います。
リアシート
リアシートもフロントと同じく、シートのスレやタバコによるコゲ跡、穴等をチェックします。
3 機関
エンジンルーム
エンジンオイル漏れ等を確認しています。この時に異音が無いかの確認も行っています。
エンジンルーム
暗い所はライトを照らしながら、チェックを行います。
4 修復歴
ピラー
ピラーに修復跡が無いかを確認します。時にはゴムを外してチェックを行います。
エンジンルーム内のネジ
エンジンルーム内のネジを確認します。周りの状況とも見比べながら確認をしています。
エンジンルーム下側
エンジンルーム下側のチェックを行っています。ダメージや修正、交換が無いかの確認を行っています。
リアトランクの下
リアトランクの下をチェックしています。修理跡が無いか、波うちが無いか等のチェックを行っています。
センターピラー
このセンターピラーもフロント同様にチェックを行います。見難い場合はゴムを外してチェックを行います。